Oリング規格 JIS B 2401-2:2012【5.9.特注ハウジングとO リング寸法の決定方法】

関連カテゴリ:
Oリング規格 JISB2401-2
Oリング規格「JIS B 2401-2:2012」では、円筒面シール及び平面シール用途に使用される特注ハウジングの寸法及びOリングの寸法の決定方法を掲載しています。

① 特注ハウジングに使用するOリングの設定
所定のハウジングの寸法を適用できない場合には、Oリング及びハウジングを特注の寸法で設計する必要があります。

② ハウジング占有率の定義
円筒面シール用途の場合では、ハウジング占有率も十分考慮するべきです。適正な最大ハウジング占有率は、所定の計算式に従って設置されたOリングの最大断面積を、ハウジングの最小断面積で除すことによって算出できます。

③ 記号

④ ピストンシール用途の場合の寸法設定

⑤ ロッドシール用途の場合の寸法設定

⑥ 平面シール用途
内圧用途では、Oリングの外径寸法の中央値は平面用ハウジング外径の許容差内最大値と同一寸法になるように設定しなければなりません。またOリングの太さは、耐久性の面から取付け部の制約の許す範囲でより太いものを選定することが望ましいとされています。太さが太いほどOリングは圧縮永久ひずみを受けにくくなり、シール面の異物やきずによる漏れを起こす傾向が小さくなるためです。

* ハウジング部の形状・寸法に関してはOリング溝①(形状・サイズ)をご覧下さい。
* Oリングのつぶし率に関してはOリングのつぶししろをご覧下さい。
* Oリングの寸法に関してはOリング寸法/Oリングサイズをご覧下さい。