Oリング規格 JIS B 2401-2:2012【4.記号】

関連カテゴリ:
Oリング規格 JISB2401-2
Oリング規格「JIS B 2401-2:2012」は、その中で用いる記号とその説明を次のように記載しています。

b1=Oリングのハウジング幅(バックアップリングなし)
b2=Oリングのハウジング幅(バックアップリング1個)
b3=Oリングのハウジング幅(バックアップリング 2個)
b4=平面(フランジ)用ハウジング幅
d1=Oリングの内径(JIS B 2401-1より)
d2=Oリングの太さ(JIS B 2401-1より)
d3=ハウジング溝径(ピストンシール)
d4=シリンダ内径(ピストンシール)
d5=ロッド径
d6=ハウジング溝径(ロッドシール)
d7=平面用ハウジング外径
d8=平面用ハウジング内径
d9=ピストン径
d10=ロッド穴径
E=溝加工深さのばらつき
g=はみ出し隙間(直径隙間の半分)
h=平面用ハウジング深さ
K=溝加工深さ
r1=溝底の丸み
r2=溝角の丸み
t=運動用及び固定(円筒面)用ハウジング深さ
z=装着面取り長さ